本文へ移動

社長のコラム 「しゃコラ」

履歴に記載されている内容は、発表時点の内容をそのまま記載しております。
ご覧になった時点で一部内容が、現在とは異なる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

想定外という教訓

2021-03-24

「あの日」から10年。

東日本大震災での地震、津波、そして福島の原発事故は、私たちの想像をはるかに超える衝撃だった。いまだに余震の恐怖に震える人も少なくないだろう。被災した人たちの心には、永遠に消えることのない「あの日」の記憶が残り続けている。
10年たった今でも復興は何も終わっていないのだ。街の復興と心の復興は、同じスピードで進むわけではない。また、被災地とそれ以外の地域では、まるで別々の時計が動いているかのようだ。

東日本大震災は、地震と津波による天災と、人災である原発事故が重なったことで、より大きな悲劇を生み、復興過程も複雑化していった。原発事故さえなければ、普通の暮らしを送っていたはずの人もいる。その人たちのその後の人生は、あの事故によって歯車が大きく狂ってしまった…。それでも多くの人たちが悲しみを胸に刻みつつ、今もたくましく生きている。

「あの日」起きたことは「想定外で、やむを得ない」出来事だったのだろうか?

津波の圧倒的な破壊力の前に、人間はあまりにも無力だった。でも「想定外であり、やむを得なかった…」で簡単に片付けてしまうのは、ちょっと違うんじゃないだろうか…。
こういう議論が震災後の世の中から生まれてきたというのは、ある意味救いじゃないかと思う。そして今、それを考える材料としての時代背景は十分整ったと思う。

「想定にとらわれすぎた」私たちの防災意識の反省すべき点は、「想定にとらわれすぎていた」ことだ。相手は人知の及ばない自然であり、時に大きな振り幅を見せる。そんな中でも、想定にとらわれることなく、最悪の事態を回避するための最善を尽くすことが求められるのだ。

震災にひきつづく災厄は終わっていない。小さな想定外のうちに、大きな想定外の芽を摘むことを繰り返していくことが大切で、災害時には想定できないことを想定する臨機応変の判断が必要となる。一見、大丈夫そうなときこそ、危険にいち早く気づくような避難判断が生死を分ける。

私たちが震災から学んだのは、「失敗の教訓の上にしか、未来図は描けない」ということ。
震災の記憶が歳月に上書きされ、だんだんと風化していく中、想定外の時代を生きるものとして、肝に銘じたい。



諦めも肝心

2021-02-19
いよいよプロ野球も開幕まであとひと月。今年もたくさんの新人選手が、夢を追ってプロ野球の世界に飛び込んだ。

誰でもプロ野球といえば、普通セ・リーグとパ・リーグを傘下に置く日本野球機構(NPB)を思い浮かべる。だが15年ほど前から、NPBに属さない独立リーグが全国各地に生まれている。

そこはメジャーを夢見て、マイナーリーグでひたむきに白球を追う美しい物語とは、残念ながらほど遠い環境。ある意味、独立リーグが社会の中で居場所を見つけられない若者たちの逃避先と化している。「職業はプロ野球選手、ただし給料は…」と現実はかなり厳しいようだ。

独立リーグの多くは観客もスポンサーも集められず、困窮している。そのため選手は無給か、仮に給料が出てもごくわずか。アルバイトで食いつなぐ選手も多く、野球では当然食べてはいけない、「名ばかりのプロ野球選手」なのだ。食べていけないからいい選手が集まらない、いいプレーがないから観客も集まらないという悪循環。草野球程度のレベルのプレーも珍しいことではない。

そんな独立リーグに集まる若者たちの多くは、才能も努力も運も足りなかったにもかかわらず、夢をあきらめきれない。無給でも「プロ野球選手」という肩書で、辛うじてプライドとコンプレックスのバランスを保っている状態。NPBを戦力外になっても独立リーグにいってプロ野球選手として、もがく若者も最近では少なくない。野球がモラトリアムを続けることのアリバイになっている。

米国にはさらに大きな独立リーグがある。渡米して本物のプロ野球選手になる夢を追い続ける若者もいる。

ひと昔前なら「プロを夢見たが果たせなかった元野球少年」として、他の職業に就いたであろう若者たち。実際、私のまわりにもそういう人は多い。だが、なまじ独立リーグが出来たために、そしてグローバリズムやインターネットの普及により、夢を見続け「名ばかりのプロ野球選手」として生きることが可能になってしまった…。

「夢をあきらめないで!」と他人は無責任にいうが、浪費されるのは20代の貴重な時間だ。確かに夢を追うことは大切なのはわかる。だが、人生諦めも肝心だということを、誰か教えてあげればいいのにと思う。

やっぱり、余計なお世話なのだろうか…。




未体験世界への対応力

2021-01-22
コロナ禍に終始した2020年が過ぎ、新しい年が始まった。しかし、依然として終息は見通せず、感染への不安や息苦しさはまだ当分続きそうだ。そんな中、今年は明るいニュースを期待してもいいのだろうか…。

混沌とし目指す方向も定まらないまま、次の予測も不可能な世界。コロナ禍で世界はその姿を大きく変えようとしている。

今、私たちが経験していることは何かというと、それは「再編成」じゃないかと思う。

世界は今、コロナウィルスによって混沌にのみ込まれ、これまでとは違う座標軸でとらえ直さなくてはならない時代に入っている。その混沌の中、予期せぬ事態が続発し、世界中が未体験の危機感にある。だから世の中の古い体制や経済の仕組みの「再編成」が求められている。当然、私たちの生活も「再編成」されていかざるを得ない。

政治・経済の進路から、社会のあり方、家族のかたち、個人の働き方や生活様式まで、一人ひとりが新しい時代に備える覚悟を迫られている。今こそ人との関係再構築、自身の存在意義から出直し、自らを「再編成」しなければならない。

しかし、これから先、私たち企業は何を求心力にしていくべきなのか。物理的に分散し、自立し始めた社員や外部の人材、そして取引先や地域など多様なステークホルダーを束ねる力をどのようにつけていくべきなのか。
この急速に流動する未体験世界への対応力はいま、世界中の人々が求めているものだ。

その流動性の中でニッポン人は、それと折り合い、関係性をひらいていく力をどこかに持っている気がする。
ニッポン社会には、個人の自由や幸福よりも集団の和や目標を優先する、集団主義の文化が土壌にある。私たちは「まわりに迷惑をかけない」「波風を立てない」事が大切だと刷り込まれて育ってきた。それが人間関係の前提にもなっている。

真面目で礼儀正しく、マナーを守り、人にやさしく、温厚で我慢強い、そんなニッポン的な特性を生かした“対応力”が発揮されて、社会の「再編成」が進んでいくことに期待したい。



Go To ニューイヤー

2020-12-21
2020年もいよいよ残すところあと数日。新型コロナウイルス一色となった今年は、例年以上に時の過ぎゆく速さを実感している人も多いのではないだろうか。

今年の流行語大賞も「3密」に決まった。クラスター、ステイホーム、リモートワーク、ニューノーマル、ソーシャルディスタンス等、今年ほどたくさんの聞きなれない流行語が生まれ、たくさんの人がそれを使った年もなかっただろう。

歴史の審判を待つまでもなく、2020年が世界史年表に特記される年になることは間違いないと思う。かつてジョージ・オーウェルが、「1984年」という年号そのものをタイトルにした小説を出版したように、この先、著名な作家が「2020年」という作品を発表する日が来ても不思議ではない。それほど衝撃の強かったこの1年は、世界の動きをものの見事に鈍化させ、その結末はまだ見えてこない。

だが、だからこそ「新たな発見があった」という経営者がいることも事実。世界中が様々な我慢を強いられているからこそ、本当に必要なモノ、時代を超えて輝き続ける価値やスタイルを再発見することが出来きるのかもしれない。いつの時代にもそれは不変で、コロナ禍の中でも消えることはないのだろう。

コロナ禍によって変化した生活様式への対応に追われ、振り返ってみれば厳しい、しかし考えさせられることの多かった2020年が幕を閉じようとしている。テレビをはじめ、各メディアによるコロナ禍の1年の総決算が始まり、同時に来年がどのような年になるか、といったことを著名人たちが予測を始める。

しかし、昨年の今頃、年が明けたらコロナウィルスが大流行し、オリンピックが延期になったり、世界中がこんな事になることをいったい誰が想像しただろう…。コロナ禍によって安全か経済かという、究極的で根源的な問いを突きつけられたら、もう誰も来年の見通しを語ることなんかできる訳がない。グローバル化の「負の側面」を浮き彫りにしたコロナ禍によって、我々の想像を遥かに超える未来が待っている事だけは間違いない。

そうは言っても、新しい年の「希望」を信じつつ、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

結婚

2020-11-24
今は選択肢も多く「結婚とはこういうものだ」というはっきりとしたものがない時代。
実際、結婚して何年もたつ夫婦に「なぜ結婚したんですか?」と聞いても、うまく答えられないのではないだろうか。感情の起伏に忠実な恋愛と、とにかく続けることを求められる結婚とでは、おのずと幸せの種類も違ってくるのかもしれない…。

結婚って共同作業なので、長く連れ添っているといろんなことがある。それを乗り越えて一緒にいるのって、すごいことだと思う。反対に、ちゃんと離婚する人も立派といえる。人生において意思をもって何かを決めるということ自体、偉大なことなんじゃないだろうか。

さて、先日、女子社員の結婚式に出席。披露宴で主賓として挨拶を頼まれた。今年はこれで2人目。毎度へたくそな挨拶だったけど、なんとか思いは伝わったみたいだ。

結婚式に出席してみて、いつも思うことだが、彼女たちが「結婚しよう」という思いに至る過程に、会社が何らかの影響を与えていたことに気づかされる。改めて責任も感じるし、私自身が彼女たちの人生にかかわっているという実感が持ててうれしいものだ。

いろんなことを考えて得た幸せには、多少の苦みが交じっている。そこに至るまでは、それなりに大変だったことだろう。結婚と自分の気持ちについて考えることによって、少しずつ成長してきたという自信。何も考えていなかった時の幸せとは違うそれを、人は結婚すると手にする。でもそれは彼女たち自身が勝ち取った幸せなんじゃないだろうか。そんな幸せっていいと思う。

今回もご両親のほっとした表情や出席者たちの笑顔に何より安堵し、喜びを感じる。コロナの影響で再三延期になったけど、無事式を挙げることができ、女性の人生における最初の小さなゴールに立ち会えたことに感激だ。

「ありがとうございました」と何度もお礼を言われたけど、お礼を言わなければならないのは、私のほうかもしれない。

思えば、これまで私はたくさんの女子社員から、事あるごとにいろんな場面で、仕事、生活、家族、恋愛、結婚、幸せ、等について教えてもらった気がする。日々繰り返される彼女たちとの何気ないおしゃべりの中から、実はさまざまなヒントをもらってきた。当たり前のように過ごしてきたこれまでの日々が、どれだけ世間知らずの経営者(私)に知恵を与えてくれたことか…。

ありがとう。そして、おめでとう。
社長のコラム 「しゃコラ」
最新の記事

2021-02-19

諦めも肝心
人気の記事

2021-02-19

諦めも肝心

2020-11-24

結婚
過去の記事
呉乾物株式会社
〒737-0831
広島県呉市光町15-6
呉市地方卸売市場
TEL.0823-22-2372
FAX.0823-25-8501
TOPへ戻る