本文へ移動

社長のコラム 「しゃコラ」

昔のアルバムと今の私

2020-09-28
あれもしたい、これもしたい、ああなりたい、こんな暮らしがしたい…。
知識も経験も乏しかった10代の頃、希望というか理想というか、夢がいっぱいありました。まだ現実の壁というやつにもブチ当たっていないので、頭の中は常にお花畑のお花が満開という、まさにドリーミン状態。

とにかく何を想像するにも、いちいちロマンチック気取りといいますか、まぁクサいことをいろいろ考えるわけです。まわりには実際にそれを実行に移すヤツもいましたけどね。

例えば大きな花束もって彼女と待ち合わせ、海沿いの眺めのいいレストランで食事。それから海岸を歩きながら告白して、な~んてクサいストーリーを思い描いたり…。将来は家をロフト風にしてニューヨークの作家(例えばアンディー・ウォーホル)の絵なんかを玄関に飾る。そして、そんな家で毎日、自分で挽いたコーヒー豆でコーヒーをいれながら、お気に入りのレコード(例えばブライアン・フェリー)がかかる中、朝を迎えるとか。それはもう勝手な妄想が膨らむ膨らむ…。

ところが、それなりに年を取って現実を知っていく中で、そんなのケッ!となる時がやってくるのです。

ダメだ、ダサい、こんなの自己満だ。しかし、その考えもまた蒼いのです。私ぐらいの年になるとそう思います。いいじゃないの、夢見がちで。あの頃に戻れるもんなら戻りたいよ。男は夢見てこそ男。妄想出来てなんぼ。いくら年をとっても頭のお花畑は枯らさずに、死ぬまで走っていきたいものです。

さて、少々前フリが長くなりましたが、今でこそ私は仕事柄「落ち着いた人」みたいなイメージ(自分でいうのもなんですが…)を持たれていますが、若い頃は結構生意気で尖っていたんだなぁと先日、しみじみ気がつきました。

コロナ禍の影響でステイホーム期間中に、昔のアルバムを見てみたんです。すると全然覚えていない写真があったり、今見るとヒヤヒヤの連続でした。当時はKYで周りが見えていなかったり、自分を大きく見せたかったんでしょうね。アルバム見ながら、自分に自分でツッコミ通しでした。

私は東京にいた10台後半から20代半ばくらいの頃が一番生意気だったと思います。それこそお花畑のお花が満開のドリーミン状態。

そんな私も今ではいいオヤジになりました。年を取ると頑固になる人もいますが私は全く逆。怒らなくなったし、どんどん冷静に臆病になってきた気がします。昔の反動なのか、周りのことを気にしすぎるくらい気にするようになりました。先日友人から「物分かりがよくなったねぇ~」と言われ、なんか複雑な気分。

いいんだか悪いんだか、わかりませんけど…。ハハハ…。

でも冗談じゃありません!浮かれポンチでお調子者、私は基本的に今も昔も、何も変わってませんから!(笑)





社長のコラム 「しゃコラ」
最新の記事

2022-05-24

食卓の誤解
人気の記事
過去の記事
呉乾物株式会社
〒737-0831
広島県呉市光町15-6
呉市地方卸売市場
TEL.0823-22-2372
FAX.0823-25-8501
TOPへ戻る