>
チャレンジ25への取り組み

環境問題 呉乾物株式会社

 

 チャレンジ25%への取り組み

 

 未来が変る。日本が変える。チャレンジ25 出来ることからはじめよう「呉乾物」チャレンジ25 環境宣言!環境と事業活動の調和を通じて、地球温暖化防止に努めます。

近年、環境問題はますます深刻化しており、その解決に向けた取り組みの重要性が指摘されています。
日本は2005年の「京都議定書」によって、2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、これまで様々な対策を進めてきました。
このような中、2009年9月鳩山総理(当時)が、国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として2020年までに1990年比で温室効果ガス25%削減することを表明されました。
これを受けて政府は、日本の目標を達成するための行動を「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止を推進することになり、これまでの国民運動「チーム・マイナス6%」も25%削減目標を掲げる国民運動「チャレンジ25キャンペーン」に生まれ変わったのです。

当社では環境と事業活動の調和を通じて、地球温暖化防止に努めるために様々な活動を応援しております。
これまでにも『チーム・マイナス6%』で、地球温暖化防止のための取り組みを実践してまいりましたが、よりCO2削減に向けた運動『チャレンジ25キャンペーン』に生まれ変わったのを契機に「チャレンジ25」宣言致しました。
地球温暖化防止の意識が国民運動として、広がっていくことを期待し、取組み内容を自らの行動で実践していきます。

ひとり一人が出来ることから実践し、その力を結集することで、地球規模の運動へと発展させていきたい。
当社のそんな思いが込められている『6つのチャレンジ』で、環境宣言!
さあ、出来ることからはじめよう!

 

チャレンジ25キャンペーンが
推進する6つのチャレンジ
対する当社の取り組み内容
 Challenge 1
エコな生活スタイルを選択しよう
夏場のT・シャツディなど、クールビズやウォームビスの導入で、夏は冷房の温度を28℃に、冬は暖房の温度を20℃に設定に努めます。
また、ひとり一人がエコドライブを実践していけば大きな効果が期待できます。
 Challenge 2
省エネ製品を選択しよう
配慮した製品の優先購入、エコカーへの買い替え及び省エネ機器の積極的な導入と買い替えを促進します。
電気代やガソリン代などの経費節減にもつながります。
Challenge 3
自然を利用した
エネルギーを選択しよう
燃料に天然ガスを使用する車両を導入し、CO2排出量削減に貢献。
それによるCO2削減量の数値を毎月算出しています。
自然界に存在する力を利用することは、温暖化防止の方法のひとつです。
Challenge 4
ビル・住宅の
エコ化を選択しよう
夏冬の冷暖房機器に頼り過ぎない社内環境づくりに努力し、温暖化対策の広報・普及啓発に貢献していきます。
Challenge 5
CO2削減につながる
取組みを応援しよう
フード・マイレージの小さい食品の選択を奨励していきます。
カーボン・オフセット商品や木材利用製品を積極的に選択します。
地産地消の商品を選択し、地域社会への普及に努めていきます。
Challenge 6
地域で取組む
温暖化防止活動に参加しよう
地域の環境イベントに楽しみながら積極的に参加します。
会社としての取り組みを地域社会と一緒に進めてまいります。
環境への意識を高め、環境にやさしい街づくりを応援していきます。